このページは、自分がBlenderの物理シミュレーションを英語のページなどを見ながら調べた内容を、日本語でまとめておこうというページです。
理解していない挙動も結構あるので、これらの方法が最適かどうかは分かりませんが、
Blenderの操作をある程度つかんで物理シミュレーションを導入してみようというレベルの(日本の)人にはちょっと役に立つと思います。


-Blenderで煙シミュレーション-(2.66頃からそれ以降の情報)

1. 容器の設定と、煙を描画する設定

2. シミュレーションを実行して表示する

3. 応用(粒子から煙、しょぼいミサイル)

4. 炎と煙

5. 煙と障害物

6. 風の制御

7. シミュレーションの解像度


-Blenderで剛体シミュレーション-(2.66頃からそれ以降の情報)

1. Game Engine ではなくて

2. 形や物性の設定

3. 初速度を与える

4. 結果の記録

5. 束縛条件

6. 剛体からボーンへ

7. 剛体世界

8. 崩壊させよう(その1)

9. 崩壊させよう(その2)

10. 静止画用の瓦礫が欲しい


-Blenderで液体シミュレーション-(2.75頃からそれ以降の情報)

1. 容器の設定と、液体を描画する設定

2. 障害物の配置

3. レンダリング

4. たまり水と水しぶき


-Blenderでパーティクル-(2.75頃からそれ以降の情報)

1. エミッタの設定とアニメーション

2. パーティクル制御(障害物と場)

3. パーティクルの表示 (ハローとオブジェクト)

4. パーティクルの表示 (ビルボード)

5. パーティクルの情報をオブジェクトのマテリアルに(2.78頃から)

6. キャッシュシステム

7. パーティクルによる爆破


-Blender でソフトボディ -(2.75頃からそれ以降の情報)

1. ソフトボディシミュレーションの導入

2. 一部の頂点を固定する、操作する

3. シンプルな形状の弾性体

4. MeshDeform の利用


-Blender で布シミュレーション -(2.76頃からそれ以降の情報)

1. 導入とシェイプキーアニメーション


-Blender Python で剛体をいっぱい作成 -(2.74頃からそれ以降の情報)

1. オブジェクトの配置など

2. フレームごとに処理

3. コピーで増殖させる


-Blender そのほか-(2.73頃からそれ以降の情報)

1. 惑星地図など球用のUV作成

2. 影情報を焼き付ける(Bake)

3. でこぼこ情報を焼き付ける(Bakeその2)

4. 銀径銀緯と赤経赤緯(回転行列や座標変換あれこれ)


-Blender ビデオ編集-(2.75頃からそれ以降の情報)

1. Stripの配置

2. Effect Strip

3. CG シーンの合成


Pyton script のメモ集

アイテム集

アドオン集
inserted by FC2 system